シルクロードに憧れ、
スパイスに魅せられて
会社を設立しました。

創業者メッセージ
「スパイスロードへの道」より

会社概要 会社沿革 CSRへの取り組み


社 名 株式会社 スパイスロード (Spice Road Co, Ltd.)

代表者 木下 修一

電 話 03-3207-3672

FAX 03-3207-3658

URL http://www.spiceroad.co.jp/

住 所 169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目6番16号ユニオンビル2F

アクセス
  • JR山手線「高田馬場」駅西口下車 徒歩7分
  • 東京メトロ東西線「高田馬場」駅7番出口下車 徒歩3分



  • 設 立 1993年12月(創業1972年8月)

    資本金 4550万円

    従業員数 正社員 106名 パートアルバイト社員 約170名

    直営店舗 26店舗(平成28年4月)*グループ会社含む

    金融機関 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行他

    会社沿革


    2017年

    バンコク屋台カオサン渋谷宮益坂店を開店(6月)


    2016年

    バンコク屋台カオサンルミネ新宿店を新装開店(11月)


    2015年

    赤坂「バンコク酒場 Sukhumvit Yaamyen」を「イートパークタイ」に業態変更
    タイ料理「ティーヌン早稲田」開店
    タイ料理「TOM YUM Nishiogi Kitchen」開店
    タイ料理FC「ティーヌン 越谷イオンレイクタウン 」開店
    タイ料理FC「ティーヌン ヨドバシAkiba 」開店


    2014年

    タイ料理「バンコクスマイル愛宕グリーンヒルズ」開店(2月)
    タイ料理「ティーヌン台湾店」開店(FC店舗)(4月)
    タイ料理「GOoDay ThaiFood」開店(10月)
    タイ料理FC「ティーヌン オリナス錦糸町店」開店(12月)


    2013年

    横浜ランドマークプラザに「Thai food ティーヌン 横浜ランドマークプラザ店」を開店
    タイ料理FC「ティーヌンイオンモール幕張新都心店」開店(12月)


    2012年

    アトレ四谷に「ペンシーズキッチンアトレ四谷店」を開店
    池袋ルミネに「ペンシーズキッチンルミネ池袋店」を開店
    津田沼パルコに「ティーヌン バンコク津田沼パルコ店」を開店
    川崎市川崎区に「ティーヌン バンコク川崎ダイス店」を開店


    2010年

    東京汐留ビルディングPedi汐留に「バンコクダイニングSilom Soi 9」を開店
    西新宿新宿三井ビルに「バンコクダイニングSukhumvit Soi 55」を開店


    2009年

    千代田区霞が関の霞ダイニングに「Sukhumvit Soi 39」を開店
    新宿区ルミネ新宿1に「カオサンルミネ新宿店」を開店
    赤坂「タイスキダイニング」を「バンコク酒場 Sukhumvit Yaamyen」に業態変更


    2008年

    東京都豊島区東池袋のタイ料理店「ティーヌン池袋東口店」を南池袋パルコ内へ移転し「ティーヌン池袋パルコ店」と店名変更
    品川区JR目黒駅ビルアトレ目黒に「ティスティダイニングティーヌン目黒店」開店
    宮城県仙台市に、直営で初の地方出店となる「ティーヌン仙台パルコ店」開店


    2007年

    千代田区丸の内に「バンコク一皿飯カオタイ」開店
    港区赤坂のインド料理「ジャイプール」をタイスキ専門店「ザタイスキダイニング」に業態変更


    2006年

    豊島区西池袋にベトナム料理「ロータスパレス池袋東武店」開店
    豊島区東池袋にタイ料理店「ティーヌン池袋東口店」開店
    川崎市JR川崎駅西口に「ティスティダイニングティーヌンラゾーナ川崎店」開店
    川崎市JR川崎駅西口に「バンコクチキンライス南国泰飯ラゾーナ川崎店」開店


    2005年

    港区赤坂の「PHO Garden 赤坂店」店名変更「ロータスパレス蓮花館」へ
    墨田区錦糸にタイ屋台料理「ティーヌン錦糸町店」開店
    墨田区錦糸にタイ惣菜店「バンコクデリ」開店
    港区赤坂のタイ東北料理「カオタイ・イーサン赤坂一ツ木通り店」を「ジャイプール」に業態変更
    新宿区神楽河岸にタイ屋台料理「ティーヌン飯田橋ラムラ店」開店
    中央区八重洲にタイ料理店「サイアムオーキッド」開店
    港区南青山にタイ料理店「ティーヌン青山店」開店


    2003年

    横浜市青葉区にインド料理「マラバール青葉台店」開店
    港区赤坂にタイ屋台料理「ティーヌン溜池山王店」開店
    川崎市川崎区にタイ屋台料理「ティーヌン川崎ダイス店」開店
    横浜市西区にタイ屋台料理「ティーヌン横浜シアル店」開店
    港区赤坂にタイ東北料理「カオタイ・イーサン赤坂一ツ木通り店」開店
    港区赤坂にベトナム料理「PHO Garden 赤坂店」開店


    2002年

    渋谷区道玄坂にFCタイ屋台料理&タイ国ラーメン「ティーヌン渋谷区道玄坂店」開店
    千代田区九段北にタイ国ラーメン「ティーヌン市ヶ谷店」開店
    品田区大井町に「アジアンマジックアトレ大井町店」開店
    新宿四谷にFCタイ料理&ヌードルバー「ティーヌン・ザ・ヌードルバーアトレ四谷店」開店
    千代田区神保町にFCタイ国ラーメン「ティーヌン神保町店」開店
    港区新橋にタイ屋台料理「ティーヌン新橋店」開店
    豊島区池袋西口にタイ国ラーメン「ティーヌン池袋西口店」開店
    豊島区池袋にタイ料理&ヌードルバー「ティーヌン・ザ・ヌードルバー
    池袋メトロポリタン店」開店


    2001年

    中央区銀座にタイ屋台料理&タイ国ラーメン「ティーヌン銀座店」開店
    新宿区高田馬場にエスニック食材と雑貨の店「アジアンロード」開店
    スパイスキッチン第2教室:タイ料理教室を移設
    杉並区西荻窪にFCタイ国ラーメン「ティーヌン西荻窪店」開店
    杉並区阿佐ヶ谷にFC「アジアンロード阿佐ヶ谷店」開店


    2000年

    港区赤坂にタイ屋台料理&タイ国ラーメン「ティーヌン赤坂店」開店


    1999年

    新宿区高田馬場にカルチャー部門「スパイスキッチン」
    (タイ・インド・ベトナム料理教室)開講


    1998年

    西東京市ひばりが丘パルコにインド料理「マラバールひばりが丘パルコ店」開店


    1995年

    新宿区山吹町にインド料理「マラバール山吹町店」開店
    北区赤羽西にFCインド料理「マラバール赤羽店」開店


    1994年

    旧「MARABAR LINE」をインド料理「マラバール」として新装開店


    1993年

    株式会社スパイスロード設立
    タイ屋台料理「カオタイ」開店


    1992年

    新宿区西早稲田にタイ国ラーメン「ティーヌン」開店
    オリジナル「トムヤムラーメン」を開発提供する


    1986年

    新宿区高田馬場に「Cafe MARABAR LINE」開店
    その後東洋食堂「MARABAR LINE」に改名、アジア各国料理店となる


    1972年

    杉並区西荻窪に「TEA ROOM OAK」開店創業


    CSRへの取り組み


    スカラシップ

    スパイスロード社では、1999年よりタイやアジア諸国の子ども達の未来の為に何か役に立てることはないかと、“ダルニー奨学金”(公益財団法人民際センター)のプログラムに参加させて頂いております。 店頭募金箱(6店舗)と収益の中から、光輝く瞳を持ったアジアの子ども達が、基礎教育を受け、各地域の発展に貢献できる人材になってくれることを心から願い、奨学金を送り続けていきます。

    ─ 2016〜2017年度は下記生徒達に奨学金を授与させて頂きました。─
    スカラシップ

    [ ダルニー奨学金のはじまり ]
    1987年、日本で知り合った留学生の帰省に同行して初めてタイ東北地方の村を訪れました。村人や子ども達が初めてみる日本人をあたたかく迎えてくれました。しかしここはタイで最も貧しい地域で、小学校を出ただけで働きに行かされる子どもも多いと聞き、胸が痛みました。そこで中学校に通う必要な額を尋ねると、その額は年に1万円とのこと。「これなら私にもできる!」との思いで始めたのがダルニー奨学金です。この名前は村で親しくなった女の子、ダルニーちゃんからもらいました。
    国同士の「国際」援助ではなく、「民と民」との結びつきによる支援という思いで、*「民際」を団体名とし、政治、宗教に関わりのない日本のNGOとして活動しています。
    始めるにあたっては、どういう支援が子どもたちに一番役立つか、タイ側とじっくり話し合いました。お金や物では依頼心をおこさせてしまうかもしれない。
    だから自立心を育て、卒業後は故郷の発展に貢献し、貧困をなくすためには、やはり「教育」が最善である、との結論に達しました。
    <団体設立者・理事長 秋尾 是正>
    * 公益財団法人「民際センター」のオフィシャルHPはこちら